キッズ・ワークの理念

子どもたちの放課後を未来への希望を育てる時間とします。
積み木を高く積み上げる時には、まず土台を底辺に幅広く作ることが大切です。 その上に一つずつ丁寧に積み上げていくことで最終的に高く積むことができるようになります。
子どもの発達においても同様のことが言えます。 将来子どもたちが、自分の興味や関心を深め、社会でその力を発揮できるよう、しっかりとした土台作りのお手伝いをし、 子どものドキドキわくわくの目を育て、情操豊かな人間形成に努めます。

キッズ・ワークの特長

安心安全

安心・安全

入退室メールシステムを導入しています。
お子さんが学校からキッズ・ワークに到着した時と、キッズワークを退室した時に、 保護者の方のメールアドレスにお知らせいたします。

質の高い習いごと

質の高い習い事

子どもの指導経験豊富な講師たちが、こどものやる気を引き出します。
さらに、検定や級を取ることで、子どもたちが自信をもって続けることができます。

楽しく学ぶイベントがもりだくさん

楽しく学ぶイベントが盛りだくさん

夏祭り、クリスマスなどの季節行事に加え、他では経験できない職業体験イベント、 金銭教育、お出かけプランなど、様々な体験を通して学べます。

一人一人へのきめ細やかな対応

一人一人へのきめ細やかな対応

保育士、臨床心理士などの子どもの専門家が、日頃のかかわりからサポートします。
利用の仕方も一人一人に合わせてアレンジができます。

キッズ・ワークと従来の学童保育との違い

従来の学童保育との違い

キッズ・ワークの大切にしていること

安定した生活安定した生活

お子さんを大切にお預かりし安心できる環境の中で、おやつや宿題、基礎学力の定着のための時間など、保護者様の代わりとなって行います。

ルール・お約束を守ることルール・お約束を守ること

挨拶ができること、人の話を聴けること、危険から身を守ること、自分の物の管理、物を大切にする姿勢についても伝えます。
社会における基本的ルールを理解し、ルール・お約束は守らなければならないことを教えます。

コミュニケーションコミュニケーション

共同生活の中で、自分の気持ちや考えを主張しつつ、周囲の空気を読む能力を育てます。

低学年~高学年が共に時間を過ごすことで、それぞれの役割を学びます。

ドキドキわくわくドキドキわくわく

子どもたちが自ら興味をもち、ドキドキわくわくできる習い事を用意します。

算数やそろばん、英語、習字、アートクラフト等多彩な習い事を通して子どもたちに学ぶことの楽しさを教え、やる気を刺激します。

また、長期休み中の職業体験イベント、アート、サイエンス、IT、ダンス、音楽といった様々な企画を通して子どもたち一人一人の興味を引き出します。

食育

キッズ・ワークは、毎日すくすく成長するお子さんのために食育に取り組んでいます。
キッズ・ワークの食育は、
〇様々な味覚にふれる
〇季節の食材を知る
〇調理を通し、計量、手順を理解し、手を動かし考える
〇食物の値段を知る
〇食物が自分たちの手に届くまでのしくみを知る
ことを大切にしています。

食育プログラム、農園へ行こう

■農園へ行こう!

夏休み中は、農園へお邪魔しました。
季節の野菜の実りを見て、収穫し、種まきも体験。
しそジュースをすくり、みんなで乾杯しました。

食育プログラム、家庭菜園

■キッズ・ワーク家庭菜園

キッズワークの屋上では家庭菜園をしています。 作った野菜がおやつに登場することも。
夏はたくさんの野菜ができて楽しいです。

食育プログラム、農園へ行こう

■200円サンドウィッチを
作ろう!

サンドウィッチは200円で作れる?
好きなサンドウィッチをつくるために、まずは計画を立てます。 材料の値段を知り、協力することで、予算内でいろんなサンドウィッチを食べれることに気がつきました。

ページトップに戻る